とりあえず色々続けて、目標達成

こんにちは、しろくまです。
実は先月15日より新しい仕事を始めました。この協会に入会した一昨年9月ごろから転職活動を始め、1年半越し50社以上の応募を繰り返し、ようやく希望に合う仕事に出会えました。

パワハラによるで鬱病で前職を休職したのが2019年の終わり、2020年は1年近くリワーク(リハビリ)を受けての復職が2020年の11月末、その後ずっと希望に合う仕事を探していました。リハビリ期間から100冊以上の本や動画で色々と知見を広げ、新しいことにも挑戦し続けました。SNSで情報発信を始めたり、電子書籍を出版してみたり、職場でパワハラを告発したり、社内SNSでD&IやSDGsやDXに関する考えを発信したり、古い体質の前職で「生きづらさ」を抱えた人向けに非公式のコミュニティを勝手に立ち上げて運営したり、ブログを毎日書いたり、思いついたこと、やってみたいと思った事は手当たり次第にやってみました(この協会への参加もその一つでした)。

それらを通して得た知識や学びが全て何らかの形で結びつき、結果として内定獲得に至りました。例えばパワハラの他にも過去のいじめや虐待の経験、自分がゲイでかつ障害者あること、そしてこの協会での活動をきっかけにSDGsやダイバーシティに関心を持ち、その分野の資格を取り、その視点も生かして前職での非公式のコミュニティを運営し、そこでの経験も全て転職活動ではアピールポイントにしました。また20年以上続けている筋トレの知識もアップデートし、それを実践することで筋力も健康状態も向上させることができ(いわばPDCAサイクルの体得です)、その経験は仕事でのスキルアップにも大いに寄与しました。

年末の旅行中に起きた不運な骨折とそれに伴う入院も、結果的には食生活の改善とそれに伴う健康状態の改善を自分で「人体実験」する機会となりました(笑)。20年来の脂肪肝も完治してしまい、健康診断の数値は体重(110キロ)以外はほぼオールAで次の職場へ提出できました。

いろいろとその場でやれること、やりたいことを前向きにあきらめずやり続けたことが今回の新たな仕事に結び着いたと感じています。新たな職場は働く時間や場所や服装もかなり自由で、またLGBTフレンドリーを明確に謳う外資系の会社です。働く環境に関してはほぼ9割方希望が叶った形です。43歳にして初めての業界、初めての外資系、初めての役職者とかなり思い切った転身ですが、いろいろ続けている間に自分に自信もついてきました。3年前ならとても自分には手が届かないと思っていた環境に今はいます。

前職の最終日の挨拶でこんなことを言いました。「人生は1度きり、今日も1度きり、そして今日が人生で1番若い日です。やらない後悔よりやった後悔と言いますし、人生最後の日に後悔しない一生を送りたいと思います。」苦しんでも楽しんでも人生は1度きりですから、年齢や才能を言い訳にせず、いくつになっても毎日を楽しんでいくつもりです。人生100年と言いますが、100まで生きるならあと57年も(!)ありますしね(笑)。

Twitter・Instagramもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら
EESa!アクティブメンバー
EESa!のInstagramは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

  • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://npojlga.or.jp/volunteer/active-menber

  • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://npojlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)