ライフプランご相談内容ベスト3

こんにちは、中村です。

今日は、今までライフプランニングをしていてLGBTの方々が特に気にしていることをご紹介したいと思います。

1、子どもを1人育てるのにどれくらいのお金がかかりますか?

例えば、レズビアンの方であれば精子提供を受けての妊娠、出産、ゲイの方であれば代理母による出産、そしてパートナーと産まれてきた子どもとの養子縁組など、教育資金がかかる前にも色々とかかるお金があるかと思います。

どこで何を選択するとどれくらいのお金がかかるのか、法律面で気をつけないといけないこと、勤務先の福利厚生で活用できそうなことなどと合わせて、具体的に出産に臨む体制を整え、その先にある“子育て”を楽しく迎えられるようなお話をしています。

2、家を買おうと思うのですが…

なんとなく、ずっと賃貸暮らしよりは住まいを構えることを検討している方は多いと感じます。
ただ、一戸建てとマンションでかかるお金や暮らし方にどんな違いが出てくるか、買うとしても今買うべきなのか?、そして住宅ローンはいくら組んでいいのか、変動金利と固定金利は…など、考える項目が多いので悩まれる方が多くなるのも当然です。

人生で一番大きな買い物と言われる「住まい」

それは金額的な面だけではなくその後の家族の、あるいはご自身の暮らしを大きく変えるものになりますから、じっくりとお話をしながら一緒に考えるようにしています。

3、いくら貯金できていたらいいですか?

将来に大して漠然と不安を抱えている方は多いです。特に老後を一人で迎える可能性を考えたときや子育てを考えたとき、その不安は大きくなります。

私も独身時代はなかなか貯金ができない人間で、今おもえばもっときちんと貯めておけばよかった…と思います。
その反省も踏まえて(笑)、ご相談してくださった方が将来に不安を残さないように具体的なシミュレーションを行って目標を立て、その目標を達成するための方法を一緒に考えるようにしています。

不安が目標に変わった時、人は前向きになれ、未来は明るく感じられるような気がします。
その瞬間を皆さんと共有できることは何よりの喜びです。

以上、ご相談内容ベスト3でした!

皆さんはどんなお悩みを抱えているでしょうか?

どんなことでも秘密厳守で真剣に聴かせていただいていますので、遠慮なくお声をかけてくださいね。

よろしければお気軽にメールをください
takanori.n@jlga.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)