数学嫌いの私が考えた「みんなが生きやすい世の中」をつくるコツ

こんにちは、11月よりアクティブメンバーになりました、高校生のすずです!まだ自身のセクシュアリティが定まっていないため、現在はクエスチョニングとして活動中です。

せっかくなので、本日は私自身の、高校生ならではの気付きをご紹介しようと思います。

突然ですが、みなさんは数学がお好きですか?

正直なところ、私はかなり苦手です…。

複雑な記号や横文字が何を示しているのかがさっぱり分からず、いつも試験前には、公式と例題の丸暗記という苦肉の策に走ってしまいます。そして勿論、点数はイマイチ。

公式の丸覚えでは、全く応用がきかないので、当たり前の結果ですよね(泣)

しかし、今回ばかりはこんなことはやめにしようと、理系の弟に試験範囲について質問してみたところ、今まで私が思っていたよりも随分簡単な話だったことが分かりました。

そしてその時初めて、今まで自分が、「どうせ私に分かるはずがない」と決めつけ、理解するための努力もせず、数学と自分との間に一方的な壁を作っていたことに気づいたのです。

世の中、自分の中の固定観念を取り払ってみて始めて見えてくるものもあるのだな、

これからは勝手に相手との間に壁を作るのはやめよう、と今までの自分の態度を反省しました…。

そしてまた同時に、「自分が知らないもの」に出会った時、こうして勇気を持って一歩踏み込んでみる、学んでみることって、〝多様性″を受け入れ合う上でも、とても重要なことなのではないか!と感じたのです。

私たちには一人ひとり、異なる個性があります。自分にはなくて、相手にはあるもの。自分が知らない相手の一面。一人一人が、それを「面倒くさいから知らなくていいや」と思ってしまうのではなく、「知ってみよう、学んでみよう」と思うことができたなら、

互いが互いを深く分かりあうことのできる、皆んなが生きやすい世の中になるのではないでしょうか(^^)

私自身も、こうした積極的な学びを怠らない姿勢を大切にして、活動に携わっていけたらなと思います!

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

  • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://npojlga.or.jp/volunteer/active-menber

  • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://npojlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)