LGBTQオンラインサロン&相談会の報告

30代、パンセクシュアルのフジです。
今回のブログでは、これまでに2回(7月31日、8月22日)開催された埼玉県主催のLGBTQオンラインサロン&相談会に参加した報告をさせていただきます!
このイベントはあと1回残っておりますのでその募集もかねて、イベント内容や様子をお伝えします。

こちらは埼玉県教育局市町村支援部人権教育課が主催し、我々一般社団法人CialFrame(シャルフレーム)が運営する高校生向けのイベントです。
埼玉県在住・在学の高校生が対象で、埼玉県内の学校に在学する方であれば埼玉県外からでも参加可能です。
LGBTQ当事者の方、当事者かどうかわからない方、そしてアライの方、どなたでもLGBTQにまつわる話をしたい方なら参加できます。
CialFrame(シャルフレーム)のメンバーはLGBT基礎理解検定™️(LGBT検定®)上級、SOGIカウンセラー®、SOGIプロフェッショナルインストラクター™️のいずれかの資格を取得した方が参加しているため、確かな知識と高いスキルで参加する高校生に対応しようと臨んでおります。

90分のオンラインサロンでは4~5名のグループに分かれ、みんなで交流しました。
CialFrame(シャルフレーム)のメンバーが司会進行し、自分で話をするよりみんなの話を聞いていたい、チャットで参加したいといった要望に応じ、高校生が安心して話ができるように対応しました。
一部屋につきメンバーが複数名参加していますので、高校生からのチャットに取りこぼしがないように協力しながらお話しさせていただきました。
高校生からいろいろな悩みや意見を聞く中で、世代が違う自分にはハッと気づかされることが多く、対応したメンバーもいい経験をさせていただきました!
最初は少し緊張しながら始まったサロンですが、最後の感想では「モヤモヤしていたことがスッキリしました」や「自分だけじゃないことが知れてよかったです」といったことを言っていただけて、私達もとてもやりがいを感じることができました。

サロン終了後のオンライン相談会は、LGBTQの方が抱える困りごとや悩みを相談員が1対1でお聞きします。相談時間は一人約20分で、オンライン相談会のみに参加することもできます。
LGBTQかどうか分からない。LGBTQをどう捉えたらいいんだろう。LGBTQの友人にどう接したらいいか分からない。など、LGBTQに関わるかわからない事でも相談できます。
サロンで聞いたことや話したことに満足して相談会に参加されない方もいらっしゃいましたが、複数名で参加するオンラインサロンでは話せないこともあると思いますので、1対1の場でぜひ相談員にお話しください!

ここまで読んでいただき興味を持たれた埼玉県の高校生の方、今年の12月にあと1回イベントが開催されますので、ぜひそちらにご参加ください。
申込み方法などの詳細はこちらのサイトをご覧ください↓↓

 https://jlga.or.jp/message/index.php/saitama_lgbtq_onlinesalon/

埼玉県以外の高校生の皆さんにもLGBTQについて話したり知ってもらうためのイベントを今後も考えていこうと思いますので、協会サイトをチェックしていただければうれしいです!

Twitter・Instagramもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら
EESa!アクティブメンバー
EESa!のInstagramは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

  • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://npojlga.or.jp/volunteer/active-menber

  • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://npojlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)