府中市・清瀬市の市議会議員さんを対象に、LGBT検定を開催しました!

アクティブメンバーで、30代ゲイのまさをです。

11/19(金)「府中市議会議員」「清瀬市議会議員」の皆さまを対象に、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じて、 LGBT検定を開催しました。

LGBT検定の講師は、EESa!特別講師 勝呂太尊氏が務め、当事者の声で私まさをが登壇しました。

勝呂氏の講義では皆さま真剣に自分事として受講いただき、特にSOGI(Sexual Orientation Gender Identity)の考え方がマジョリティとマイノリティの構図ではなく 、LGBTに限らずすべての人にかかわるものとして、さまざまな性のあり方を知っていただけたように感じました。

その後の当事者の声のパートでは、私まさをの幼少期から今に至るまでの経験や考え方など質疑応答形式でお話しし、いただいた質問の中に、『家族へのカミングアウトの時のご両親の反応は?』というものもありました。

私の母は初め、私がゲイという事実を受け止め切れず、自分を責めてしまいました。ただ、母を不安にさせてしまったのは、さまざまな性のあり方があることを学ぶ機会を持てなかったことが、その一因ではないかと考えました。

当事者はもちろん、家族を含めその身近な人たちも傷つかない為に、教育の重要性を改めて感じました。

その場で議員の方とは、教育が大切ということが共有でき、具体的にどのくらいの年代からどのような教育が必要かなど意見を交わせたことには、とても感銘を受けました。

そして、市民の皆さんが生きやすい社会を作ろうと前向きに活動してくださっている議員の皆さまに、直接お会いしてお話しする機会をいただき、私自身とても良い経験となりました。

アクティブメンバーとして前向きに活動していると、こういったことに参加できる機会もあります。改めて、メンバーが増えたら、等身大の私達を知ってもらう機会が増えるのだと実感しました。

ご興味のある方は、下のリンクからご応募できます。メンバーとして一緒に関わりたい方はぜひアクティブメンバーになって、活躍してください。優しく頼もしい仲間が待っています。

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

もちこ
アクティブメンバーもちこのTwitterは こちら
JLGA
日本セクシュアルマイノリティ協会のTwitterは こちら

日本セクシュアルマイノリティ協会のボランティア活動

  • ボランティアに参加する

ありのままの自分で、胸を張って生きていける。そんな社会の実現を目指して一緒に活動してみませんか?何ができるかわからないけど協力したい、活動したいという方、自分らしく輝ける場所として何かを表現したいという方、一緒に活動しましょう。
https://npojlga.or.jp/volunteer/active-menber

  • イベントに参加したい学生の方々

LGBTについて知りたい学生の方のアンケートなどに協会ボランティアメンバーが自身の想いを伝える交流会です。
参加希望の方はこちらからご連絡ください。
https://npojlga.or.jp/form/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)